読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【NewDays】日々新しいことに挑戦し刺激的な日々を送ることができた大学生のためのブログ

このブログを通して何かきっかけになればと思います。今はそこでもっと大学生活に刺激が欲しくて、挑戦して成長したくて、スキルや実力が得るために日々動いてます。自分の人生を自分で選択できるようにビジネスを始めました。新しいことに挑戦したい人にきっかけを提供をしていきます。人との繋がりと成長がモットーです。

とある学生たちの13年後・・・

 
f:id:kansai_un:20170427171856j:plain
  
From
スイスホテルのラウンジにて
 
 
こんにちは、かわむらです。
 
 
 
アメリカのボストン大学
ある面白い研究が行われました。
 
 
 
起業家を目指すMBAプログラムに
参加した、大学院生を調査したのです。
 
 
 
この時のMBAプログラムは、
全米一難しいと言われているものでした。
 
 
 
ハイスクール時代にオール5を取り、
ボストン大学に入学し、
大学でもオール5を、とってMBAプログラムに参加し、、
 
 
 
2年間徹底的に勉強し、、
卒論としてビジネスプランを作り、
卒業していった、
 
 
まさにエリート中のエリート達。
 
 
 
 
卒業後には、そのプランに基づいて、
 
 
自分たちで起業し、
活躍しているのだろうと、誰もが思ったのです。
 
 
 
ところが、、、
 
 
実際には、そのうちの90%の人が
起業しなかったのです。
 
 
 
90%の人が起業家としての学位を
とり、社会にでたのですが、、
 
普通に会社に就職していたのです。
 
 
 
結局起業したのは、たったの10%の人だけ。
 
 
 
 
そして、、13年後。。。
 
 
その卒業生達にインタビューをしました。
 
 
 
その結果わかったことは、
起業した人たちは、
 
起業しなかった人たちよりも、
ずっと成功していたのです。
 
 
 
ちなみにこれ、本当に調査結果です。
 
 
 
そこで、起業しなかった人たちに、
「なぜ起業しなかったのか?」
と訊ねたところ、
 
 
誰もが口を揃えたように、
「タイミングが合わなかった」と答えたのです。
 
 
 
・景気がよくて、ライバルが多いから、、、
 
・不況で景気がよくないから、、
 
・今、資金が足りないから、、、、
 
・家庭の事情で、、、、
 
・今年の運勢をみてみると、、、
 
 
タイミングが悪い理由を探せばいくらでも、
見つける事ができます。
 
 
 
というか、そもそも
最高のタイミングって一体何でしょう。
 
 
 
そんなものはないでしょうに。
 
 
 
ただ一つ、確実に言えることは、
待っていても何も変わらないということ。
 
 
 
今の状況を変えるには、
行動しないといけません。
 
 
 
f:id:kansai_un:20170427172038j:plain
 
 
多くの人たちは、
「最高のタイミング」を待ち続け、
結局一歩を踏み出す事が
できないままに時間が、過ぎていきます。
 
 
 
これって、
なにより大事な時間を
浪費しているってことです。
 
 
 
非常にもったいない。
 
 
 
でも実際には、
タイミングよりも自分の情熱や願望、
行動によって人生を変えることが出来ます。
 
 
 
 
大事なのは、タイミングではありません。
 
 
だったら、一生来ないであろう
「最高のタイミング」とやらを待っているよりも、
 
 
今、すぐに始めて
しまったほうが、いいのではないでしょうか?
 
 
ぼくたち、リスクなくビジネスを行える
ネット起業家であればなおさらです。
 
 
 
幸いなことに僕たちは、上手く行かなかれば、
”修正すればいい”、ということを知っています。
 
 
 
ということは、
上手く行っても、行かなくても、
 
少しでも早く行動することで、
それだけ夢の実現に近づけるのです。
 
 
 
もしあなたが、今、
【最高のタイミング】を探しているのであれば、
 
 
そんな必要はないですし、
それはきっと訪れることはないでしょう。
 
 
 
ほんの小さな一歩でもかまいません。
 
 
 
まずは今日、明日、
新しい一歩を踏み出してみては??
 
 
f:id:kansai_un:20170327030717j:plain

もしここまで読んでいただいたあなたは
情報ビジネスに興味を持っていると思うので、
ぜひ、今すぐに以下のLINEの友達追加をして

僕自身がこの3年間で2000万円を売り上げた、
「ブログビジネス完全テンプレート」を
完全無料で受け取ってください。

ぜひ、今すぐ登録をして確認をしてみてください。
 
f:id:kansai_un:20170114145607p:plain

たった1日で51万円売り上げた方法

f:id:kansai_un:20170408172757j:plain






こんにちは、かわむらです。


あなたがいま読んでいるこのブログを使って

【たった1日で51万円】

売り上げた方法、知りたくありませんか?
 

 
これ、実際に僕がやったことです。


ちなみに僕は

そのとき稼げたのがきっかけで、

就職せずに毎日を送ることができました。


そして、

今は起業支援のコンサルティング

店舗の集客コンサルティングをして独立しています。


運良く仕事に恵まれたからなんですが、

スキルをつけていなかったら、

そのチャンスも掴めなかったわけです。


だからこうして自分の力で、

ビジネスができる方法を身につけられたのは、

本当に良かったです。


このブログを使って
【たった1日で51万円】
売り上げた方法

これはいたってシンプルです。


1. プレゼントをあげる
2. ラインを登録してもらう
3. 電話相談をする
4. 電話相談で濃いノウハウを提供する
5. 最後に残った問題を解決できるものを販売する


これだけです。


ただ、問題は中身です。


プレゼントやセミナーといった
コンテンツはもちろん、
登録ページも作る必要があります。


これを考えるのがかなり大変です。


そこで、

僕が実際に使ったコンテンツを、

全部まるっとプレゼントしてしまおうと思います。


これをサンプルとして、

自分の場合に置き換えていけばOKです。


実際に

1日で51万円売り上げたときのものなので、

かなり、リアリティがあると思います。


しかも初めてです。


そしてこのときは結局、

3回か4回セミナーをして

月に141万円売り上げました。


f:id:kansai_un:20170408173025j:plain

 

 

なのでこのプレゼントは、

141万円の価値があると言っていいかもしれません。


ちょっと量が多くて案内も長くなるので(笑)
先にプレゼントの受け取り方をご案内します。


プレゼントはLINEでお送りします。

スマホの方】

下記URLをクリックし、
「追加」をクリックしてください。

⇒ https://line.me/R/ti/p/%40wpl8884w


プレゼントはこちらです。

かなりの量なので、
消化不良にならないように
LINEで順次お送りしますね。


【プレゼント1】
20代が1億円稼ぐ秘密

【プレゼント2】
ゼロから最速で稼ぐ方法

【プレゼント3】
あなたの理想までの道のりを
最短距離でいく方法

【プレゼント4】
合計2000万円を売り上げた
ブログビジネス完全テンプレート

【プレゼント5】
メルマガ講座(20講座分)


このとおりなぞればOKです。


プレゼントはLINEでお送りします。


スマホの方】

下記URLをクリックし、
「追加」をクリックしてください。

⇒ https://line.me/R/ti/p/%40wpl8884w


最後までありがとうございました。

f:id:kansai_un:20170408172725j:plain

 

人生の大切なことは6歳児から学べる

f:id:kansai_un:20170327193400j:plain

 

こんにちは、かわむらです。

 

 

人生において、
子どもが大人から学ぶことはたくさんあります。
 
 
親が子どもに教えるべきこともたくさんある。
 
 
 
だが、それと同時に、
大人が子どもから学べることもあるのだ。
 
 
そこで今回は、
米メディア『Huffington Post』に掲載されている
「子どもから学べる幸せになるためのヒント18選」をご紹介します。
 
 
ここにあるのはどれも、
子どもなら当たり前のようにやっていることばかりで、
幼いからこそできることもある。
 
 
そのため、
必ずしも大人のあなたにこれを実践するよう
勧めているわけではないようだ。
 
 
 
だが、もしかしたら、
「幸せってこういうことなのかな……」と、
 
幼い子どもの行動に
何か気づかされることがあるかもしれない。
 
 
そう思い、シェアをしたいと思います。

 

f:id:kansai_un:20170203173604j:plain


 
 
【子どもから学べる幸せになるためのヒント18選】より。
 
 
1、直感で行動する
 
子どもは本能のままに動く。

本当にこれで良いのだろうか、
自分の決断は正しかったのだろうかなどと、
必要以上に思い悩んで時間を無駄にするようなことはしない。
 
 
2、今を生きる
 
子どもは、今、その瞬間を生きている。
 
変えられない過去に悩むこともなければ、
何が起こるかわからない未来を不安に思うこともない。
 
 
3、信じる
 
子どもは、
サンタクロースや物語に出てくる
妖精の存在を信じている。
 
だからこそ夢中になれるし、楽しむこともできる。
 
 
4、創造する
 
ペンで描いたり、ハサミで切ったり、
のりで貼ったり……、
 
子どもは手にした物で
とにかくなんでもやってみる。
 
そして、そこから何かを生み出す。
 
 
5、他人の目なんか気にしない
 
子どもは、周囲の人が
どう思うかなんて気にしない。
 
やりたいことを思いっきりやるだけ。
 
 

6、歌う
 
子どもは突然歌い出す。
 
いつだろうが、
どこにいようが気にしない。
 
思いのままに歌う。
 
 
7、鼻歌を歌う
 
小さな子どもも鼻歌を歌う。
 
口笛が吹けず、
言葉で上手く歌うこともできないなら、
鼻歌を歌えば良いのだ。
 
 
8、思っていること言う
 
子どもは、
常に本心を直球で伝える。
 
思ってもいないことを言わないし、
遠回しな言い方もしない。
 
 
9、尋常でないほどテンションが上がる
 
子どもは、嬉しいことや
興奮するような出来事があれば、
これでもかというくらいにテンションが上がる。
 
ドキドキやワクワクなどの
感情を素直に爆発させることができる。
 
 
10、新しいものに飛びつかない
 
子どもは、
好きな本や映画を繰り返し見たがる。
 
お気に入りの服は毎日でも着ようとする。
 
彼らにとっては新しいかどうかよりも、
それを好きであることが大事。
 
大人のように、
すぐに新商品に飛びついたりはしない。
 
 
11、匂いを嗅ぐ
 
子どもは、なんでも匂いを嗅ごうとする。
 
だからこそ、
歩いているときに立ち止り、
道に咲いている花の香りを嗅ぐ
余裕さえ持ち合わせている。
 
 
12、差別しない
 
子どもは誰のことも差別しない。
 
分け隔てなくすべてを
受け入れることができる。
 
 
13、恐怖心を隠さない
 
子どもは、
怖ければ「怖い」と言う。
 
ひとりで抱え込まず誰かに伝えることで、
恐怖心を軽減させることができている。
 
 
14、褒め言葉を受け入れる
 
褒められると、
子どもは素直に受け入れる。
 
無用な謙遜はしない。
 
 
15、昼寝をする
 
子どもは、昼寝をすれば元気になり、
気分もリフレッシュされる。
 
寝ても疲れが取れないなんてことはない。
 
 
16、夜は早く寝る
 
子どもは、たいてい早く寝る。
 
必ずしも自分から布団に入るとは
限らず親は手を焼くこともあるが、
無駄に夜更かしはしない。
 
 
17、ひとつのことに集中する
 
子どもは、
そのときしていることに集中する。
 
名前を呼んでも
気付かないくらい物事に没頭することができる。
 
 
18、型にはまらない
 
子どもは、型にはまらず我が道を行く。
 
それが「普通」かどうかは気にしない。
 
 
 
以上です。 

 
僕たちはいらない情報と知識が邪魔をして
行動にブレーキがかかっています。
 
 
あの頃の無邪気で、
いい意味で自分勝手でチャレンジャーな
6歳児になれていない。
 
 
真の6歳児を今こそ目指すべきなのかもしれない。
 
 
ぜひ、何かの参考になれば。
 
 
最後までよんでいただき
ありがとうございました。
 
 


もしここまで読んでいただいたあなたは
情報ビジネスに興味を持っていると思うので、
ぜひ、今すぐに以下のLINEの友達追加をして

僕自身がこの3年間で2000万円を売り上げた、
「ブログビジネス完全テンプレート」を
完全無料で受け取ってください。

ぜひ、

今すぐ登録をして確認をしてみてください。

 

 

f:id:kansai_un:20170114145607p:plain

スキルってどんなスキルから学べばいいの?

f:id:kansai_un:20170327030717j:plain


 
こんにちは、かわむらです。
 
 
ビジネスで結果を出すには、
スキルが必要になります。
 
  
 
そしてこの事は、
あなたも既に知っていると思います。
 
 
ただ、どういったスキルを
身につければ良いのか?
を知っている人はあまりいません。
 
 
ある人は、
 
SEOを覚えるのが良い。」
 と言いますし、

 

 

またある人は
 
「コピーライティングを覚えるのが良い。」
と言います。
 
 
また別の人は、
 
「動画が作れないと
 これからの時代はやっていけない。」
と言います。
 
 
色んな人が、色んな事を言うので、
ビジネスを始めたばかりの方は、
頭がこんがらがってしまいます。
 
 
 
実は、僕たちがビジネスで
結果を出す為に必要なスキルは、
3つしかありません。
 
 
 
1つ目は、集客のスキル。
 
2つ目は、販売のスキル。
 
3つ目は、商品作成のスキル。
 
です。
 
 
例えば、
SEO』であれば、集客のスキル。
 

という事になりますし、

『コピーライティング』
であれば、販売のスキル。
 
 
という事になります。

 
 
『動画作成』であれば、
商品作成のスキル。
になるのかもしれません。

 
ここで大切なのは、
ビジネスで結果を出すには、

・集客 

・販売

・商品作成
 
 
この3つのスキルが必要で、
どれか1つでも欠けてはいけない、
という事です。
 
 
例えば、
成約率の高いセールスレターが
書けるスキル(販売のスキル)
を持っていたとしても、
 
 
そのセールスレターを
見せる相手を集めるスキル
(集客のスキル)を持っていなければ、
そのセールスレターからは
商品は売れません。
 
 
このように、
僕たちが、ビジネスで結果を出すには、
集客についても勉強しなくてはいけませんし、
販売についても勉強しなくてはいけません。
 
 
もちろん、
商品作成についても勉強します。
 
 
また、

・集客

・販売

・商品作成
 

この3つのスキルを
身につける時、注意する事があります。
 

それは、
スキルを身につける『順番』です。
 
 
この順番を間違えると、
スムーズにビジネスで
結果を出す事ができないです。
 
 
もっとも効率良く
ビジネスで結果を出すには、
 

集客→販売→商品作成
 

の順番でスキルを磨きます。
 
 

何故、
この順番でスキルを磨くのが良いかというと、
お客さんの動きに合わせて
スキルを磨いたほうが、自分の欠点が分かるからです。
 
 
 
実は、僕たちの商品が
売れるかどうかを決めるは、お客さんです。
 
 
言いかえれば、
僕たちのビジネスが上手くいくかどうか。


それを決めるのは、お客さんです。

僕たちは、
お客さんにジャッジして貰います。
 
 
例えば、自分では
「良い文章が書けるようになった!」
と思っていても、その文章を
 
 
読んだお客さんが
 
「なにこの文章。イマイチ。」
 
と感じれば、
その文章は、イマイチなのです。
 
 
このように、
僕たちがスキルを磨く時は、
お客さんにジャッジして
貰わなければいけません。
 
 
なので、

・集客

・販売

・商品作成
 
 
この3つのスキルを磨く時も、

 

まずは

『集客のスキル』を磨いて、
お客さんを集める。
 
 
そして、
集まったお客さんに販売をする。
 
 
販売をして、売れなかったら、
『販売のスキル』がまだ未熟
という事を認める。
 
 
商品は売れたが、商品が
使えて貰えてない場合、
『商品作成』がまだ未熟という事を認める。
 
 
このように、僕たちのスキルが
向上しているかどうかは、
お客さんの反応を見ないと分からないです。
 
 
 
そして、

お客さんの反応を見ながら
自分のスキルを磨くには、
 
 
集客→販売→商品作成
 
 
の順番で
スキルを磨くのが良いです。


ぜひ、何度も見返して
一緒に進めていきましょう。


最後までありがとうございました。





もしここまで読んでいただいたあなたは
情報ビジネスに興味を持っていると思うので、
ぜひ、今すぐに以下のLINEの友達追加をして

僕自身がこの3年間で2000万円を売り上げた、
「ブログビジネス完全テンプレート」を
完全無料で受け取ってください。

ぜひ、

今すぐ登録をして確認をしてみてください。

 

 

f:id:kansai_un:20170114145607p:plain

タモリさんの成功へのスタートは、ホテルの半開きのドア。

f:id:kansai_un:20170313162046p:plain



こんにちは、かわむらです。


今回は
ネット上で見つけた面白い記事があったので
シェアをしていきたいと思います。


こちらから▼

==================


早稲田大学を中退したタモリさんは、
故郷の九州に帰り、
いろんな仕事を転々とていたそうです。


保険外交員を3年務め、
ボーリング場の支配人に。


ボーリングのブームが去った後は、
喫茶店の支配人に、その後はガードマン、
絵画のヌードモデル、さらにはヘビ使い、
ヒモみたいなこともやってたそうです。


明らかに変な人だったし、
社会人的には落ちこぼれに属する人でした。



30歳になる頃には、
さすがにこれでいいのだろうかと、
自問自答することもあったそうです。


タモリ」という
ダイヤモンドの原石が発掘されたのは、
ほんの少しのきっかけに過ぎませんでした。



ある日、タモリさんは
知り合いとホテルで飲んで、
廊下を歩いて帰るところでした。



ある部屋から
賑やかな音が聞こえてきました。


「何だろう?」


鍵がかかってなかったので、
タモリさん思わず扉を開けてのぞきました。



このときダイヤモンドは
輝きだそうとしています。



そこはドンチャン騒ぎの真っ最中。


ゴミ箱をかぶって虚無僧に扮した人が、
歌舞伎の真似ごとなどをしていました。


それを見たタモリさんは、
ハッとしました。


「俺の感覚と同じじゃないか。
 これは俺を呼んでいる!」


虚無僧の真似をしてる人の頭から
ゴミ箱をとり上げ、
自分も一緒に踊り始めたのです。



突然乱入したタモリさんを、
ひとりが冗談のインチキ中国語でなじりました。



そうすると、タモリさんは、
それより数段うまいインチキ中国で返答。


そこの一同と一瞬にして意気投合したそうです。



その一同とは、ジャズピアニストの
山下洋輔さんとそのメンバーだったのです。


その夜は、山下さんとタモリさん、
名前を名乗っただけで別れたのですが、


山下さんたちは、どうしても
あの日のタモリさんのことが忘れられませんでした。


それほど、
そのときのダイヤモンドの原石は
衝撃的で魅力的だったのでしょう・・・。


そこから、
多くの人を巻き込む
タモリ探しが始まります。

 


「面白いヤツが博多にいる!
 あいつにもう一度会いたい」

 


その場に居合わせた人たちは
「森田」探しをすることになります。


手掛かりは、

「博多にいるジャズ好きの森田
 という苗字の男性」

これだけです。


博多で最も有名なジャズ喫茶にたずねたところ、
常連に同じ名前の人がひとりいる。


それが、なんとタモリさんでした。


幻の素人芸人だった
タモリこと森田一義は、
山下さんたちを中心とした


「伝説の九州の男・森田を呼ぶ会」の


カンパによって上京を果たことになります。


早稲田大学を抹籍になって
都落ち”を味わって以来、
実に7年ぶりのことでした。



そして最初に住んだのは、
仲間の2DKの都営住宅に「居候」。


「でも1週間くらいしかいなかった。
 というのは僕の母が電話をかけてきて、
 たまたま彼が取っちゃった。

 ウチの母親は潔癖症なもので、
 見知らぬ男がいることを許さなかったんだ」


その後のタモリは知人の家を転々とし、


やがて、
師と仰いだ赤塚不二夫宅に
「破格の待遇」で居候生活。



住居は4LDKの高級マンション、
ベンツは乗り放題で、

さらに赤塚から
月20万円の小遣いまで支給されます。



こうして得た居候生活の極意とは
「卑屈になるな」だったそうです。


ちなみに、赤塚先生は、
タモリさんには豪華マンションを提供しながら、

ご自身は、事務所のロッカーを
横倒しにして寝てたそうです。


タモリさんはこう言ってます。


「そのことに気づいた時には、
 グッとこみ上げるものがあったんだけど、
 
 ここでグッときたら居候道に
 反すると思ってこらえましたね。」


ところでこの話、
人生にはひょんなことから、

扉が開かれることを
示唆しているように思えます。


後になって振り返ると、
ああ、あそこが自分の人生の扉だったのか、

と言えるような出来事が
どなたにもあろうかと思います。



そんな扉って、
本当にそれが扉であることに、
気付きにくいような入り口になっているようです。



タモリさんの話です。


『俺の人生の扉、ドアは、あのホテルのドアだった。
 あれを開けると開けないでは、人生が変わっていた』

 

f:id:kansai_un:20170313162658j:plain

 


ダイヤモンドが
輝きだす瞬間だったのでしょう。



その後、そのダイヤモンドは
日本のお昼のひとときに
笑いという光を照らし続けることとなります。


人生の転機
ってどこで訪れるかわかりません。


チャンスの神様には
前髪しかないという有名な話があるように、


その転機がチャンスであろうとなかろうと
何事にも積極的に行動することが
チャンスをつかむ第一歩なのかもしれません。



==================

ここまで▲



僕自身もこの話を聞いて
自分自身の人生を振り返りました。



大学に行きながらも
もっと自分自身にあった
生き方を探していました。


「やりたいことを形にしたい」

「自分自身ができることを
 たくさんの人に共有したい」

「人よりもいろんなものを見たい
 いい食べ物を食べたい
 たくさん親孝行をしたい」


そんな思いは常にありました。


そんな中で
野球サークルあるサークルの代表が
自分でビジネスを立ち上げているのを見たときに


別に大学生でもスキルがなくても
自分自身何もなくても挑戦を
できることを強く感じました。


それからイベントビジネスや
販売代理店の仕事を始めるものの

 

うまくいかなく、一人できる限界をしり
うまくいっている人から学ぶことを決意。



しかし、出会う人に騙され、
20万円の借金を背負うことになり
その返済のために、

2013年はずっとコンビニで
夜勤を週4で働いていました。


そして、そんな中たまたま友達に誘われた
イベントに参加をしていた人が
インターネットを使ってビジネスをして
圧倒的な成果を上げていることを知り


本格的にビジネスを教えてもらうことを決め、学び実践をして
ここまで3年間、成果を出してきました。


僕は今でも思います。


「あの時に、
 イベントに行くのを断っていたら、、、」

「自分自身で最後ビジネスをすると
 決めて実践をしていなかったら、、、」


今の自分はいないんだなと。



本当に日常の中の小さなきっかけで
人生を変わる出会いが生まれますし、


その小さなきっかけから行動に移すことで
たくさんの経験、出会いが生まれ
自分自身の収入、スキル、情報が変わりました。



もし、
このブログを読んでいるあなたが

・少しでも今の生活から変わりたい

・自分らしく生きていきたい

・独立をしていきたい

・副業で短時間で5万円の副収入がほしい

・たくさん親孝行をしたい


と思っているなら、
ぜひビジネスというものに正確な情報をしり
行動に移していってほしいと思います。


僕自身も完全無料で
メルマガや公式LINEで
最新の情報を流しているので、
ぜひ登録をしてみてください。


最後までありがとうございました。


もしここまで読んで
情報ビジネスに興味を持ったあなたは
ぜひ、今すぐに以下のLINEの友達追加をして

僕と教え子で総額9200万円を売り上げた、
「情報ビジネス完全テンプレート」を
完全無料公開中~!

f:id:kansai_un:20170114145607p:plain

こんな、人いますよね??

 

f:id:kansai_un:20170312205446p:plain

 

 

『失敗法則』って知ってますか?


多くの人が学んでいる
”成功法則”とは正反対で、
「成功から遠ざかる人に共通する法則」
のことを言います。


こんにちは、かわむらです。


今回はこの

「失敗法則」の1つを

紹介をしていこうと思います。


失敗法則に囚われた考え方を持っていると、
どれだけ強力なノウハウを集めても、
最新のテクニックを活用したとしても、
思い通りの成果をあげることはできないと思います。



「ビジネスの相談にのってもらいたいです!」


と、メルマガやLINE@に
返信をしてくる方がよくいます。


僕はそういうメールをもらった場合、
実際にお会いしたり電話したりして、
アドバイスをすることがけっこうあります。


・どういうビジネスをしていきたいのか(しているのか)
・今、どういうところで行き詰まっているのか
・一番聞きたい事は何か


などなど、様々な事を僕が聞き取って、
それに対して一つ一つアドバイスをします。

 

f:id:kansai_un:20170312205828j:plain



ただ、
最終的にその場のアドバイスだけでは、
短期的な解決にはなっても、

そのうちまた
カベに行き詰まってしまうだろうな、
という風に感じる事が多いです。


その際、僕はおすすめの教材を紹介したり、
相手が困っている部分に詳しい人を紹介します。


すると、これはたまーになのですが、
それまではすごくありがたそうに
僕からのアドバイスを聞いていた方が、


『なんですか!!売り込みですか!怒』


と、少し声を荒げて、
半ギレで怒鳴ってくる場合があります。



無料のときは色々なアドバイスをもらい、

「おおー!」
「ありがとうございます!」

とニコニコしながらメモをしっかり取ってた人が、


少し表情をむっとさせて、
有料の商品を買ったり、
誰かを紹介されることを極端に嫌がるのです。


これは、
『失敗法則』の中でも、
最も強烈なものの一つです。



いわゆる、

『売り込みを極端に嫌う』

というものです。




ビジネスをやっていくのであれば、

『売られることを極端に嫌がる』

というのは、大きなマイナス要素です。


つまり、このような人は
『お金の移動にブロックがある状態』です。



「うわー、有料の商品売ってきたよ、
 なんだよ結局こいつはお金が目当てか」


と、心で思っているのだと思いますが、
それはお金に対するブロックが強すぎます。



売られることにこのようなブロックがある事は、
ビジネスをしていく上で大きな障害になると思います。




そもそも、

『売られる』=100%買わなければならない

ということではないです。



『売られる』
=買うか買わないかの選択を委ねられた


という状態です。



買うか買わないかは買い手の自由ですから、
『売り込まれた、こいつは金の亡者だ』

という考え方はおかしいと思います。


お金=価値の判断基準 でしかありません。


そのお金を受け渡すことにブロックがあると、
逆にビジネスをしてお金をもらう事に
大きなブロックを感じてしまい、
ビジネス上の障害になる可能性が高いです。


給料をもらうのに抵抗は無いのに、
個人として他人からお金をもらうことに
抵抗を感じてしまう人はかなり多いです。


そのブロックは早めに解除しましょう。


そのための方法はいくつかあるのですが、


まず

『感謝してもらう回数を増やす』

というのがいいと思います。


お金にブロックがある方は、

・幼少期にお金に困った経験がある
・お金が原因で誰かとトラブルになったり
 周りの人がトラブルになったのを見ている


などの原因があると思いますが、
それは結構根が深い原因ですので、


いきなり「お金のブロックをはずせ!」
と言われても結構難しかったりします。




なので、もしお金に少しでも
ブロックがある人は、

『人に感謝される回数を増やす』

ということをしてください。



情報ビジネスで
ダイエットを教えているのであれば、
まずは無料で人に教えて成果を出させ、
感謝してもらうことを体験してみてください。


1人、2人、3人・・・・と、


あなたの力で多くの人を
幸せにしてあげる事だと思います。


そうすると、少しずつ自信がついてきます。


自分が提供している価値は、
お金をもらうに値するということを
少しずつ実感できるようになるのです。


最終的には、

『こんなにやってるのに無料はヤバいな…
 業界の他の人から怒られそうだ』

ってとこまでやったらいいと思います(笑)


その頃には自分の提供している価値に、
大きな自信を持つ事ができ、
対価としてお金を受け取る事へのブロックは、
少しずつ減ってきていると思います。



すると
ビジネスも少しずつうまくいきます。


さらには”売られる”という事に関しての
悪いイメージも少しずつ減っていくと思います。


お金を払うか払わないかは自分の自由。

価値を感じたなら払えばいいし、
感じなければお金を払わなければいい。


・・・・このように思えるはずです。


そうなったときあなたのビジネスは、
今よりも圧倒的に勢いよく加速しますし、
収入も格段に増えると思います。


今回の話は「心構え」についてなので、

『本当かなー…』

とまだ半信半疑の人もいると思います。


ですが、実際にこのブロックがあると、
ビジネスをしていく上で大きなカベになりますので、
ぜひ早めに解消する事をおすすめします。


『私はモノを売られるのが大好きです!!』


という方は、そのままで良いと思います。
(それはそれで問題かもしれませんが笑)


自分が無意識のうちに、
お金に対してブロックを持っているのなら、
ぜひ今回の方法を試してみてくださいね。


かわむら

 


もしここまで読んで
情報ビジネスに興味を持ったあなたは
ぜひ、今すぐに以下のLINEの友達追加をして

僕と教え子で総額9200万円を売り上げた、
「情報ビジネス完全テンプレート」を
完全無料公開中~!

f:id:kansai_un:20170114145607p:plain

【クレームの嵐】実は最近クレームを、、、、

こんにちは、かわむらです!
 
 
今回はある提案のために、
久しぶりに長文の手紙を書いてみました。
 
 
僕は、このメールマガジンやブログも
1人でも多くの人にネットで収入を得る
キッカケになればと毎日更新をしています。
 
 
嘘をいうのも嫌いなので
正直に言うと、
最近はクレームをよくもらいます。
 
 

どんなクレームかというと

「無料の案件では結局高額塾を買わないと稼げない」

「もっとパソコンの操作やビジネスを基礎を教えて欲しい」

「とりあえず100万とか
 1億はいいから5万円でも稼げる方法を教えろ!!」
 

「川村さんのコンサルティングは高すぎる。お金がない未成年には無理です!!
 
というものです。
 
 
上記の3つのクレームに対しての解決策を
手紙にしてまとめておいたので
保存して一気に読んでください。
 
 
《3つの不満を解決する手紙》
⇒ https://goo.gl/xqYnw4


無料、タダ!というと
あなたを騙す形になるので白状しておきます。
 
 
今回の僕からの提案は、《有料》です。
 
 
ただ、
嬉しい有料になると思っています。
 
 
確認してください。
 
 
《嬉しい有料商品》
⇒ https://goo.gl/xqYnw4
 
 
ちなみに、嬉しい有料なのは
3月一杯の予定です。

4月になってしまうと手遅れになるので
3月中に開いてください。