読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【NewDays】日々新しいことに挑戦し刺激的な日々を送ることができた大学生のためのブログ

このブログを通して何かきっかけになればと思います。今はそこでもっと大学生活に刺激が欲しくて、挑戦して成長したくて、スキルや実力が得るために日々動いてます。自分の人生を自分で選択できるようにビジネスを始めました。新しいことに挑戦したい人にきっかけを提供をしていきます。人との繋がりと成長がモットーです。

激動の時代を生き抜いていく為には?

f:id:kansai_un:20170501131501j:plain


ホテルのラウンジにて

 

こんにちは、かわむらです。

 

 

今回は

「激動の時代を生き抜いていく為には?」

についてお伝えします。

 
 
あなたも、今が「不景気」だと
いうことは少なからずとも
感じているのではないでしょうか。

 

 
そこで、これから

 

■現在、いったい世の中では何が起きているのか?
■この「不況」はいつまで続くのか?
■この激動の時代をどうやって生き抜いていけばいいのか?

 

 

そんなことを
僕なりの解釈でお話していこうと思います。

 

 
あなたは
「給料が減った」「リストラが多い」など、
メディアで報道されるような

 

 

“表側の出来事”ばかりを見て、
「今は不況だからしかたがない」
とあきらめないでくださいね。

 

 

時代の流れに身を任せるのではなく、
世の中で何が起こっているのか

 

 

“裏側の出来事”を把握し、
どうやって生き抜いていくのか
を考えることが大切なのです。

 

  

では・・・

 

 

■現在、いったい世の中では何が起こっているのか?

 

 

まず、

プライム層(優良顧客)以外の人々の返済の延滞率が
2007年から上昇し限界を越えたことが原因で発生した、
サブプライムローン問題から世の中の混乱は始まりました。

 

 
要は、本来なら住宅ローンが通らない信用レベルの人々に
多額の金額を貸し続けていたから、多くの人々が返済不能に
なってしまい住宅バブルがはじけたってわけです。

 

 
その結果、世界中で金融機関の信用収縮の連鎖がおこり、
金融機関が企業に融資できないという状況になりました。

 

 
そうなると、当然多くの企業は
資金繰りが苦しくなり、破綻してしまいます。

 

 
そして、勤めている社員にも
給与削減やリストラなどの影響がでて、
世の中全体が不景気となってしまったのです。

 

 
こういった現象が今、
世界中で連結して起こっているのです。

 

 
ちなみに、リーマン・ブラザーズ
サブプライムローン問題による
住宅バブルの崩壊で保有する
資産が急速に劣化して破綻しました。

 

 

アメリカの証券会社第4位だった
リーマン・ブラーザーズが破綻するとなると、
もうどの大企業が破綻してもおかしくありません。

 

 
なので、現在は

「今の会社に勤めていても大丈夫なのか・・・?」

 

というような不安を、
多くの人々が抱いているといった状態でもあります。

 

 

f:id:kansai_un:20170130195553j:plain

  

ところで・・・

 

■この「不況」はいつまで続くのか?

 

 

これは全く予測がつきません。

 

「世の中の経済が安定するまで」というのが答えなのですが、

 
それにどれくらいの時間がかかるのかが予測不能ってわけです。

 

 

もしかしたら、

1年以内に「不況」が終了するということも、
考えにくいですけど可能性としてはありえなくはないです。

 

 

しかし、

世の中を俯瞰し、あらゆる視点から分析した結果、
多くの専門家は5~10年以上続くのではないかと予想しています。

 

 

僕もそう思います。

 

最悪の場合、非常に長期的な「不況」になるかもしれません。

 

 

 


では・・・

 

■この激動の時代をどうやって生き抜いていけばいいのか?

 


それは、あなたのビジネスを拡大させることです
 

ちょっとやそっとじゃびくともしないくらいにね。

 

 
では、
どうやってビジネスを拡大させればいいのか?

 

 

例えば、
全米NO.1マーケッターのジェイ・エイブラハムは、
「ビジネスを拡大する方法は3つしかない」と言っています。


1つ目は、新規の顧客数を増やすこと。
2つ目は、顧客の単価を上げること。
3つ目が、顧客の購買頻度を上げること。

 

 

いっけん当たり前のようですが、
これらの要素をバランスよく伸ばせたら
売上が拡大するというわけです。

 

 
まぁ、これは経営者や
起業家目線の考え方になりますね。

 

 
一方、個人の場合はビジネスを
拡大する方法を考えるのではなく、

 

複数の収入源を得られる仕組みを
つくられるように心掛けた方がベターでしょう。

 

 
これからの時代は、
1本の収入源に依存するのは危険すぎます。

 

 
また、勤めている会社や
付き合っている人間の状況次第で収入が
変動してしまう可能性があるという場合も要注意です。

 

 
ある程度は自分自身の力でどうにでもなる、
安定収入の確保が実現できるように努めた方がいいでしょう。

 

 
できたら、それが複数あるともっといいです。

 

 
つまり、

「給与削減やリストラなどの被害が
 自分自身に降りかかったとしても大丈夫だ!」

 

という状態にしておく必要があるということです。

 

 

あのソニーが16000人の
リストラをしてしまうというようなことが、
実際に起こっている未曾有の時代なのですから・・・。

 


では、どうすればいいのか?
と疑問を持っていると思います。

 


実際に、具体的にどうすればいいのかの
参考になればと思い、

 

僕がこれまでやってきたこと
やっていることををブログで書いたので、
ぜひ見てみてくださいね。

→ https://goo.gl/WpucZp

 


最後まで、ありがとうございました。


PS
最近、コンサルティングをしている方も
どんどん成果を上げてくれました。

 

次何をしていこうかなという人もぜひ、
参考になるかと思いますので、

 

ぜひ僕自身がやってきたこと、やっていることを
見てみてください。

https://goo.gl/WpucZp

 

f:id:kansai_un:20170511155012p:plain


もしここまで読んでいただいたあなたは
情報ビジネスに興味を持っていると思うので、
ぜひ、今すぐに以下のLINEの友達追加をして

僕自身がこの3年間で2000万円を売り上げた、
「ブログビジネス完全テンプレート」を
完全無料で受け取ってください。

ぜひ、今すぐ登録をして確認をしてみてください。
 
f:id:kansai_un:20170114145607p:plain